定額減税の影響と企業の対応

2024年7月2日

こんにちは!
静岡から全国へ向けて「IT×税務会計×補助金=経営革新」を発信する最高のIT税理士法人です!
本日は、「定額減税の影響と企業の対応」について取り上げます。

今年度の税制改正の目玉の一つとして注目されている定額減税が、令和6年6月から実施されることになりました。この改正により、所得税および個人住民税の減税が行われる予定ですが、特に重要なのは、企業に対して給与明細に減税額を明記することが義務付けられる点です。これにより、従業員の皆さまが手取り額の増加を実感しやすくなることを目的としています。

まず、この定額減税の具体的な内容について説明いたします。対象となるのは、合計所得金額が1805万円以下の納税者(給与収入のみの場合、給与収入が2000万円以下)と、その配偶者や扶養家族です。令和6年度の所得税については、一人当たり3万円、個人住民税については一人当たり1万円が減税されることになります。例えば、夫婦と子供2人の4人家族であれば、年間で計16万円の減税が受けられることになります。

企業の皆さまにとって重要なのは、この減税額を従業員の給与明細に明記する義務が新たに課される点です。これは、減税の効果を従業員が実感しやすくするための措置であり、政府は企業に対して理解と協力を求めています。この変更に伴う手続きやシステムの調整には一定の負担が伴いますが、従業員のモチベーション向上や消費促進につながる可能性があるため、積極的に対応していただきたいと思います。

具体的な実施方法として、給与所得者の場合は令和6年6月1日以降に支払われる最初の給与(賞与を含む)から、源泉徴収される所得税額から減税分を控除することになります。もし、その月の給与で控除しきれない場合は、翌月以降に繰り越して控除することができます。また、個人住民税については、6月分の特別徴収をせずに、減税分を控除した後の額を7月から翌年5月まで11か月間に分けて均等に徴収することになります。

具体例を挙げると、4人家族で年間の住民税支払額が10万円の場合、減税分の4万円を控除した6万円が新たな住民税の総額となります。この6万円を11か月で割ると、毎月約5454円が徴収されることになります。このようにして、減税の恩恵を月々の支払いに反映させることができます。

この定額減税の政策目的は、目に見える形で可処分所得を増やし、デフレマインドの払拭を図ることです。しかし、現金給付と比べると、減税は実感が湧きにくいという意見もあります。そのため、企業が給与明細に減税額を明記することは、従業員が減税の効果を感じやすくするために非常に重要です。

企業の皆さまには、今回の税制改正に伴う新しい義務に対して、迅速かつ適切に対応していただくことが求められます。特に、給与明細への減税額の明記については、システムの更新や内部手続きの見直しが必要となるでしょう。この対応がスムーズに行われることで、従業員の皆さまが減税の恩恵を確実に受け取ることができ、結果的に消費の促進や経済の活性化に寄与することが期待されます。

最後に、コラムの内容の詳細や、企業、個人の状況に応じた対応については、最高のIT税理士法人にお気軽にご相談くださいませ!
※当事務所はDXを経営に活かすことを推進しており、当ブログはAIを活用して生成しています。
実際の税制や政策、判例、事件、事象を元に作成していますが、正確な内容や最新の情報とは異なる場合がありますことをご了承くださいませ。

-->